抑えられる

ドリル

電気使用量をコントロールすることで電気料金を削減します。

デマンドコントロールを利用することで、電気料金を抑えることができます。デマンドとは、30分ごとの電気使用量のことです。デマンドをコントロールして電気使用量を抑制することで電気料金が削減できる、というのが大まかな流れです。このシステムは、電力会社に申し込むことで使用できます。 デマンドコントロールは、ふたつのタイプに分かれます。ひとつ目は、手動で電気機器を制御して電力使用量を抑えるタイプです。これは、規定の電力使用量を越えそうになるとブザーが知らせてくれるものです。ブザーが鳴ったら、必要度の高くない電気機器を手動で停止させます。 ふたつ目は、自動で電気使用量を制御してくれるタイプです。こちらは電気使用量が規定値を越えそうになると、自動で電気機器を停止させます。停止させる優先順位は、あらかじめ設定しておきます。

デマンドコントロールは家計の強い味方です。

現代では、一般家庭においても多くの電気機器を使用しています。電気機器なくしては生活が成り立たないといっても過言ではありません。電気使用量が家計に占める割合を少しでも減らすことは、多くの家庭にとってとても重要なことです。 家計の強力な味方となるのが、デマンドコントロールです。システムの導入時には多少はコストがかかります。しかしながら長い目で見れば、必ずしも必要でない電力を使い続けることの方がデメリットだといえます。電気料金を節約するには、デマンドコントロールを導入するのが最適なのです。 それに、電気使用量の削減は環境への配慮にもつながります。デマンドコントロールは、家計と環境の両方に優しい、非常に便利な存在なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加