問題点

白い家

太陽光発電の注意点とは

太陽光発電を導入する上で注意しておきたい事があるので、ここで少しみていきます。 住宅において太陽光発電は、もっとも効率的に太陽光を集められる屋根に設置される事が多いです。その際に屋根に設置する為に工事を行うわけですが、ここでしっかりとした工事をしてもらわないと後から雨漏りなどの問題が発生します。この点に関してはちゃんとした業者を選ぶことが大切であり、費用の安さだけで業者を選ぶ事などはしないようにしましょう。 また初期費用を回収する事は売電や節電によって可能ですが、そのためには回収できるまで太陽光発電システムが作動し続けなければなりません。改修前に設備が壊れてしまっては元も子もないためです。そうした故障を防ぐためには、太陽光発電システムの定期的なメンテナンスも心がけたいところです。

初期費用の回収を早める

太陽光発電を導入するにはそれなりに費用もかかります。しかしそんな初期費用も売電によって回収する事が可能ですし、工夫によって回収を早められます。 初期費用を早く回収するには売電収入を増やせばいいわけですから、自分たちの使う電力量を減らせば結果的に売電に回す電力も増えます。 自分たちの使う電力量を減らすためには、生活における無駄な電力消費を抑える節電対策が何より効果的です。 電力を多く消費する電化製品の類は、最新の商品であれば大抵省エネ設計となっています。エアコンなどであれば、古いエアコンに比べて電気代が数倍異なることもあります。 こうしたことからもったいないからと古い電化製品を使用することはやめて、新しい省エネ設計の電化製品に変えることも節電になります。 また家を新築する際に太陽光発電を導入する場合などでは、壁や天井裏に断熱材を入れて窓を二重窓にするなど、光熱費を下げる工夫を施すことも効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加